STYLEY

COLUM コラム詳細

コラム詳細 COLUM

かみしぉコラム🐨🍺「目指せ!麦酒王への道!!episode3」#6

神咲詩織

757 Views

2021年7月1日

ビール好きにも好みはある

 


皆様こんにちは!


 


 


今回のコラムは3回目となります、ビール大好きかみしぉが皆様と麦酒王を目指すビールシリーズをお届けいたします!!(巻き添え)


 


今回の飲み比べビール何にしようかなあと悩んだのですが、皆様私に苦手なビアスタイルがあるのをご存知でしょうか?


 


そう、IPA


 


クラフトビール好きの中では割と定番であり、IPA好きな方も多いのではないでしょうか??


 


ただ私。


 


 


どうもIPAに対して苦手意識があり。。。


 


なんせビールに苦味をあまり求めていない私。


 


なので強い苦味が特徴のIPAは最も相性がよろしくないのですね(笑)


 


しっかーし!!!


 


なんだか最近IPAを仕方なく(おい)飲む機会が何度か重なりまして。


 


飲んだわけですが。


 


なんだか思っていたよりも割と美味しく感じられて”む?”となりまして。


 


そこで疑問に思ったわけです。


 


 


“私って本当にIPAが苦手なのかしら?”と。


 


 


もしかしたら最初に飲んだIPAが特に私の好みに合わないお味だっただけなのかもしれない、、、


 


 


 


(これはたくさんのビールを飲んできた今の私だからこそ思えたことで。ひと言に同じスタイルと言ってもクラフトビールにはそれぞれ特徴があって、味わいも香りも苦味も華やかさも喉越しも本当に違っていて。要は無限なのです。)


 


 


というわけで今回はその私が苦手と思ってきたIPAを実際にちゃんと飲み比べしてみようという内容でございます!!


 


そもそもIPAとは?

 


それでは今回飲んでいくIPAとはどの様なビアスタイルなのか簡単に説明を。


 


 


IPAとはインディアペールエールの事ですね!


 


 


その名の通りエール(上面発酵)ビールで、通常のペールエールよりも多くのホップを使用している為、強いホップの香り苦みが感じられます!


 


そして高めのアルコール度数(5~7%台程度)が特徴のビアスタイルです!


 


 


さて、何故インディアなのでしょう?


 


 


 


18世紀末頃にイギリスからインドにビールを輸送する際に、劣化を防ぐためにホップを大量に使用しアルコール度数を高めにしたことが発祥なのだとか!!


 


ホップには味や香りづけだけではなく防腐効果もあるのですね( ¨̮ )なるへそ


 


 


 


一口にIPAと言っても使用されるホップにより香りや苦みが個性豊かになるため、その味わいは様々だとか、、、


 


 


やはり私好みのIPAもあるのかも、、、


 


 


 


それではIPAの基礎知識を見たところで本日の飲み比べビールちゃん達をご紹介!!


 


GRAND KIRIN IPA vs 東京アイピーエー

 


 


まずはこちら!


 



 


GRAND KIRIN IPA !!


 


 


麒麟から出ているクラフトビールであるこちら!


 


 


最近はスーパーやコンビニでも割と目にすることが増えたかも✨


 


 


私が去年入ろうか悩んでいた自宅でサーバービールが楽しめるキリンホームタップのラインナップにももちろん入っておりました!!


 


(いまはDREAM BEERを狙ってますがこの話はまたいつか、、、)


 


 


私自身も実は何度も飲んでまして(飲むために自分で買ったのは今回はじめてw)


IPAが苦手じゃないのかもと思わせてくれたきっかけの子でもあるかも、、、


 


 


そして対するは!


 


 



 


 


Far Yeast Brewing 東京アイピーエー!!


 


 


こちらもお洒落スーパーやビールの品揃えに拘っているコンビニなどでは何度か見かけたことがあります(多分飲んだこともあるはず、、、?パッケージは知ってるけど味の記憶にないw)


 


 


そしてこちらなんですが、IPAの中でも更にジャンル分けされた”ベルジャンIPA”なんだそう!


 


 


ベルジャン?インディア?ペールエール?


 


 


いやいや、あなたの国はどこやねん(笑)


 


 


私自身IPAにあまり興味が無いので調べてみました!


 


ベルジャンIPAとは、、、


 


ベルギー酵母を原料に使ったIPAの一種(ふむふむ)


ベルギー酵母由来の甘くフルーティーな香りとIPAの強い苦みを併せ持っており、ホップ由来のフルーティーさとはまた違った香りを楽しめる


(え、甘いの?苦いの?  


        どっちが好きなの~ 笑)


 


「ベルジャン」という名前だが、アメリカが発祥であり、アメリカでのベルギースタイルIPAの総称である。


 


ホップのフルーティーな香りはオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系を思わせる爽やかな香りであることが多いのに対し、 ベルギービールのフルーティーさは洋ナシやキャンディーなどダイレクトに甘さを感じる香りです。  


 


との事。


 


 


えっと、、、色々と複雑ですが


 


 


要は


 


アメリカでIPAのバリエーションとしてベルギービール要素のベルギー酵母を使用して作られたビール


 


って事ですね!!


 


ベルジャンホワイト好きな私としては興味深い響きです!!


 


そしてホップの香りと酵母の香りにも明確な違いがあるっていうのも面白いですね🙌


 


 


 


それでは早速飲み比べてゆきましょう!!


 


 


今回のおつまみは昆布太子。


 


なんか苦みが強いなら合う気がして。


 


 


わかんないけど(笑)


 


 


合いますように(笑)


 


 


 


 


ではまず


GRAND  KIRIN IPAから。


 


 


まず鼻に抜けるような華やかな香り、、、


飲んだ第一印象は”美味しい”


そして後から舌奥にふんわりと残る苦味。


 


IPAとしてはそこまで苦味は強くなく飲みやすい気がします、、、


 


ちなみに色んな食事に合いそうですね。


 


味の濃い食べ物とか、、、珍味や魚卵とも合うかも!


 


明太子は大勝利だな!笑


 


 


 


あと気づいたのですが、ごくごく飲むと苦味がキレよく感じられて美味しいですね!


 


逆に舌でしっかり味わうと苦味が変な残り方をしてあまり、、、、、、かも(笑)


 


IPAはそもそも味わうビールでは無いのかも。


 


 


 


では気になるお次へいってみましょう!!


 


 


 


お次は


Far Yeast Brewing 東京アイピーエー!


 


多分初(記憶の中では)のベルジャンIPAさん。


 


うん、香りの華やかさがグランドキリンよりも目立ちますね!


 


 


あと、、、なんだこれは。


香りが独特。


 


 


フルーティーな香りで、、、ベルジャンホワイトのフルーティーさを彷彿とする甘み??の様な、、、!


 


 


この香りは好きですよ!!!


癖のある香りですよね!!(それが好き)


 


 


でも苦味もしっかりと感じられます。


 


 


甘い。苦い。     でも甘くて   苦い。 (笑)


 


 


お料理は正直選びそうだなあ、、、


好みも分かれそうです(笑)


 


ベルギー酵母の香りって、要は私の好きなこの癖の強さなんだろうなあ!!面白い!!


ベルギー酵母の香り高さが好きな私は好きです!


 


 


ただベルギー酵母はしっかりと味わいたい派なので味わっているうちに主張してくる苦味は、、、まあ無くてもいいかな(笑)


 


 


ん?待てよ。


 


 


2本飲み比べてみましたが、、、


 


私そこまでIPA嫌いじゃないかも(笑)


 


 


でも後味の苦味が好きかと言われると、、、


 


ノーコメント( ¨̮ )


 


 


 


ごっきゅごっきゅと喉越し感じながら飲むには最高かもしれないですね!!


 


でもでも今回は私が好きなタイプのIPAに寄っていたのかもしれないし、、、


 


 


まだまだ色々なIPAを飲み比べてゆきたいと思います!!


(今回実はもう1種類用意してましたが3本も飲めなそうなので次回へ。飲み比べるとなると同時に開けて順番飲んでいくのでペースも早いのですよね 笑 )


 


 


さあ。


ではこの辺りで。


アルコール度数高めのこの子達は中々きますね(˘ω˘)へろへろー


 


 


次回のコラムもお楽しみに!!


 


 


神咲詩織でした!!