STYLEY

COLUM コラム詳細

コラム詳細 COLUM

かみしぉコラム🐨🍺「神咲詩織~音楽の世界~ episode2」#5

神咲詩織

441 Views

2021年6月16日

皆様こんにちは!


 


今回のコラムは2回目となります、私と私のオリジナル曲達についてのお話をしたいと思います!


 


私は今まで自ら作詞作曲をしてオリジナル曲を生み出しているのですが、


 


どのようにして楽曲制作しているのですか??


 


と質問をいただく事が多いです。


 


 


確かに楽曲制作と言っても様々なパターンのアーティストさんがいらっしゃいますよね??


 


 


メロディーが頭におりてきたり、、、


 


歌詞と共に流れ込んできたり、、、


 


きっと皆様傾向や特徴があると思うのですが


 


 


私の場合はといいますと、、、


“テーマ”ありき です!!!


 


 


どういう事かというと


 


まず始めに、どんなテーマの曲を作るのかって事を決めてしまうんですね。


 


恋愛なのか


 


世間への主張なのか


 


仲間への感謝なのか


 


テーマは無限にありますよね。


 


 


自分が今どんな事を伝えたいか、曲にして届けたいのか なんて事を考えながらテーマを決めます。


テーマが決まれば更にその先の割と詳細な設定まで細かく決めてしまいます。


 


 


恋愛ひとつとっても主人公の性別や年齢、


 


恋愛対象の方の人物像やその方との関係性、


 


そしてそれで何を伝えたいのか、伝えられるのか。


 


 


きちんとここで設定しておくと、後々歌詞を詰めていく時に矛盾が生まれないし、ちゃんと意味のある楽曲になるし、色々なカラクリも入れやすいのです!!


 


そこから


 


じゃあどんな曲調がテーマに合うのだろう?


 


明るい?暗い?


アップテンポな物?バラード?


 


完成イメージのオケ編成(楽器とかね)を頭で鳴らしてみたり、、、


 


そして聴き手の方に笑ってもらいたいのか泣かせたいのか、、、


 


などなど。


 


 


そこまできたら、ここからは曲によってなのですが大体はサビから作っていきます。


 


ちなみに私は普段思ったことや興味深く思ったこと、言葉の響きが気に入ったものなど色々な言葉をメモに書き綴っています。


 


歌詞は割とここから抜粋してから肉づけしていくことが多いかなあ、、、


 


そんなメモなんかと照らし合わせながらサビでどんな歌詞を歌えばいいかなあと考えてゆきます。


 


この時メロディーも一緒に作ります!!


 


サビは曲の中核になる部分だと思うので、歌詞やメロディーがキャッチーな感じになるように、耳に残るように、


 


などを考慮しながら。


 


サビが大方出来たらそこへ繋がっていくaメロ→bメロなどを作っていきます!


 


a.bメロの歌詞は後からのことが多いですね!


 


サビのコードへ繋がっていく様にコードを先に決めていきます!


 


ふんわりとメロディーも口ずさみながら(まあ大体ですがw)


 


全体的なコードの流れが出来たらサビの歌詞を考慮しながら今度は歌詞をつけていきます!


 


最初はメロディーにはまらなくてもいいので、とにかく文章をツラツラと書いていき、、、


 


時には並べ替えたり、、、


 


物語を作るイメージで。


 


この時点でサビを全く違う歌詞に変更したりもします!笑


 


曲はとにかく流れと繋がりが大切だと思うので、そちらを優先して作ります!


 


歌詞に合わせてメロディーラインを固める時もあれば、メロディーラインに合わせて歌詞を調整(語尾を変えてみたり、接続語を変えてみたり、余分を省いたり、違う言い方に変えてみたり)する時もありますねぇ


 


それはその曲にとっての譲れない所で変わってきます。


 


ワンコーラス分(大体はIntro→aメロ→bメロ→サビ)が大体出来たら曲全体の構成を固めてゆきます。


 


転調させてみたり、Dメロ入れてみたり、落ちサビにしてみたり。


 


それが決まればあとは歌詞を全てあててゆくだけ!!


 


かなりざっくりですが私の楽曲制作はこんな感じです!!


 


では実際のオリジナル曲で簡単に制作の裏側をお見せしちゃいましょう!!


 


身のほど知らZOOの制作過程

 


私のオリジナル曲の中で2番目に誕生したのが”身のほど知らZOO”です!


 


タイトルから


 


 ??? 


 


だと思うのですが、この曲を制作した時のお話をしたいと思います。


 


まずこの曲もテーマから決めました!


 


どんなテーマかというと、、、


 


“隔たる環境の人への叶わぬ


 


です。


 


そもそもどうしてこのテーマにしたのか、、、


 


確か私自身、ファンの方と自分(演者)の関係性で色々考えたりしていた時期だったのですね、


 


良くも悪くも距離感だったり、意思疎通だったり、難しい関係性だよなぁ、、、


 


と感じていたんですね。


 


伝えたいけど伝わらない


 


とか


 


とっても大切なのにもどかしい


 


とか


 


そんな感情を”叶わぬ恋”に投影して曲にしてみようかと。


 


そうして制作を始めた”身のほど知らZOO”でした。


 


さて、テーマは決まりましたがここから大切になってくるのは主人公恋愛対象


 


隔たる環境ってどんなだろうか?


 


どうして叶わぬ恋なんだろうか?


 


そしてこのテーマってとっても悲しいし切ないけど、、、


暗い曲にはしたくないなあ、、、


 


お茶目でポップな失恋ソングがいいなあ、、、


 


そうして決まった主人公が”コアラ”だった訳ですね(笑)


 


そう、あの動物の(笑)


 


主人公が動物園のコアラで、恋した相手が来園客(もちろん人間ですね 笑)


 


絶対に叶わぬ恋だけどなんだかお茶目で可愛いストーリーが出来そうだなと。


 


そして私が拘ったのが曲の構成。


 


失恋ソングって悲しくなってしまいがちなので、どうしたらほろ苦い可愛らしい曲になるだろうと悩みまして、、、


 


主人公がまだ身のほど知らずだった過去の自分の恋を思い出しながら”クスッ”と微笑んでいる、、、


 


みたいな。


 


なのでこの曲はずっと、色んな世界を知った現在の主人公(コアラ)が歌っているんです。


 


でも主人公がコアラである事は曲の終盤まで明かされないんです。


 


初めて聴いている人が”あーなんか恋愛の歌なのね、、、”って思う様に、あたかも普通の女の子の恋の歌にしてあって。


 


それが聴き進めていくうちに段々


“ん?”


“どゆこと?”


 


ってなっていって、、、


 


終盤で種明かしがある訳です(笑)


 


意地悪な曲ですね!


 


あとこの曲のお気に入りポイントはIntroと中盤にあるワルツ的な部分、そして曲本編の爽やかで疾走感のある部分。


この2つのコントラスト。


 


こうしたのにも理由があって、ワルツ的な部分は現在の主人公の心情、本編は主人公が過去の身のほど知らずな自分を思い出して話していくうちに当時の心情にリンクしていって、、、というイメージ。


 


大人になってしまうと冒険する事とか挑戦する事に臆病になってしまう。


守るものも出来る。


 


そんな大人にとって、青春の思い出ってなんだか甘酸っぱくて鮮やかで清々しくて、未熟だけど若いってのは最強無敵だったりするじゃないですか?


 


そんなコントラストを出したかったのですよねー!!


 


こうして”身のほど知らZOO”は誕生しました。


 


この曲もいずれはサブスク配信したいと思っておりますので、是非楽しみにお待ちくださいね♪


 


*現在は”闇夜のきらり達” “レインボーの軌跡”の2曲が配信中です*


 


それでは今回はこの辺で!


 


次回のコラムもお楽しみに!!


 


神咲詩織でした!!